小学校高学年になると図形の面積を求める問題が出てきます。
三角形、四角形、台形などの面積はおおよそ底辺×高さを基にしているのですんなりと理解できるお子様が多いです。

しかし円の面積になると、円周率(3.14)が出てきます。
また、円周は「直径×3.14」面積は「半径×半径×3.14」と計算が非常に複雑になります。
ここでつまづいてしまうお子様が非常に多いです。

結論を言ってしまうと、前述の公式を覚えるしか方法はありません。
公式は覚えたうえでの計算問題なのです。
計算ミスの原因は円周率にあることは確かです。

この手の問題では「半径、直径、円周、面積を求めよ」となります。
しかしここで一つコツがあります。
面積、円周から半径、直径を求める問題に関しては答えの半径、直径は整数になることがほとんどです。
つまり計算していて半径、直径が少数になってしまった時点で計算ミスに気付くことができます。

中学校へ上がると更に体積を求める問題が出てくるので是非とも面積の求め方はしっかりと理解しておきましょう。